みんなの馬場ちゃん!インディーズシーンを支えるエンジニア・馬場友美インタビュー


居場所としての南池袋ミュージック・オルグ

――では最後に、オルグの話を聞きたいと思いますが、今までの話を聞いていると、別に馬場ちゃんはオルグばっかりというわけではないんだね。

馬場:うん、オルグに就職したわけではないし、バイト。自由にシフト決めたり場所が使えるバイトリーダーみたいなかんじ。でも、居場所としてはかなりオルグは大切な場所だった。

――では、収入面はどうしてたんでしょうか?

馬場:オルグとか含めたPAや録音の全部合算して成り立ってる。あとここに書いていないメジャー的な仕事もたまにあって。そっちのほうがお金もいいので、それで助かって、自分で好きなことするってかんじ。

――ちなみに、どういう経緯でオルグのPAをすることになったんですか?

馬場:もともとオルグを紹介してくれたのは、一緒に住んでたちっせ。ちっせが誘われたけど、ちっせはもうPAとか録音とかやらない時期だったから、私にやらない?って話が回ってきた。

――馬場ちゃんはかなり他の仕事も忙しそうですが、オルグのイベントが入ってるのにオルグのPA出来ない時はどうしてたんですか?

馬場:知り合いのPAに頼む。オルグの日給が安いから、申し訳ない気持ちで頼むけど、だいたい頼む人が好きそうなバンドしか出てないと思うから、楽しんでやってくれてたと思う。

――それで馬場ちゃんは自由にいろんなところへ足を運べるわけだね。今年の秋頃にはビーサンの沖縄遠征とかにも行ってたけれど、自費みたいなことを言ってたよね。PAの仕事で行ったわけじゃなかったんですか?

馬場:沖縄に行くちょうどいい機会だったので、ただただ遊びに行った。結局手伝ったけど(笑)。

――でもそのモチベーションとフットワークがあるが故、たくさんのアーティストが活動できているから、馬場ちゃんの功績ってすごいなって思いますよ。ちなみに、オルグは閉店してしまいましたが、今後の予定とかってもう決まってるんでしょうか?

馬場:今まで通り。1〜3月は録音がけっこう入ってる。あとPAとしては先々、吉田ヨウヘイgroupとかビーサンとかが決まってる。

――では、オルグがなくなってもそんなに困ることはない?

馬場:荷物かなり置いてたからこれから置き場所困るなーとか。家に帰るの面倒臭いってなったとき、池袋駅から近いからオルグに帰ってたけど、それもできなくなるのかーって。

――もはや第2の家だね。本当に自由に使えてたんですね(笑)。


babachan_works

バンドの真の力が問われててよかった。音をちゃんと考えるようになる。オルグだと自分たちで調整しないとどうにもならないから、逆にそこがよかった。(馬場)

――オルグで良かったことはなんですか?

馬場:やっぱり、いろんな人に出会えたこと。今までも普通に知り合いだったけど、ミヤジのコミュニケーション能力もあって、ちゃんと知り合うことができた。

――もともとTOKUO NEW WAVE 2010界隈のアーティストとは深い繋がりはあったものの、オルグを通して、それ以降に台等してきたアーティストたちとも密接に繋がっていった印象があります。ayU tokiO、ミツメ、吉田ヨウヘイgroupといった、2014年に素晴らしい作品を出したバンドの名前があがりましたが、他にオルグで繋がったアーティストはいますか?

馬場:トリプルファイヤーもオルグで出会った。震災前の2011年3月9日に、トリプルファイヤー、H MOUNTAINS、うみのて、僕のレテパシーズ、kooreruongakuの5バンドで企画をやってて、そこで出会った。そのときはトリプルファイヤーのこと怖い人たちだと思ってたんだけど(笑)、ある日DMが来て、録ってくれって依頼がきた。

――出会ったきっかけのライブの出演者をフルで言えるところもすごいね(笑)。

馬場:あと家が近い。メンバーの家と普通に徒歩圏内。どこかで会うと一緒に帰る。

――馬場ちゃんのすごいところは、音楽の仕事をやってるけど、友達として普通にライブも見に行ってるし、友達としても交流がかなりあるところだよね。

馬場:H MOUNTAINSとは、一緒にプール行ったり海行ったりするし(笑)。

――そういうところから仕事も繋がってきてるのでしょうか?

馬場:うーん・・・それと仕事はそんなに繋げて考えてない。

――あと、京都在住のHi, how are you? (以下、ハイハワ)は、去年3枚もアルバムがリリースされていますが、これも全部オルグで録られているよね。

馬場:原田(晃行)が、馬場さんに録ってほしいって言ったのかな?オルグで録りたいみたいなかんじで。

――これについて原田君本人に確認をとったところ、レーベルのROSE RECORDSから提案を受けたようですね。本人たちも馴染みのある場所だったので是非! となったようです。ちなみに、ハイハワは頻繁に京都から東京まで来てオルグで録っていたんですか?

馬場:いや、1日で1アルバム録っていたから。一昨年シングルでリリースした『バンホーテン』と2014年2月にリリースした『?LDK』は一緒に同じ日にオルグで録ってて、ミックスは私が京都に行ってやった。すごくついでに行っただけなんだけど。ちょうど私がGOK SOUNDの仕事として仙台であまちゃんツアーに行ってて、そのあと数日あけて関西公演だったんだけど、その合間に京都でミツメがライブだったんだよね。だから、京都行きたいし、そのタイミングに合わせてミックスしようよって言って、ファーストは京都の喫茶ゆすらご(※)で作業した。

※喫茶ゆらすご…京都西陣にある喫茶店。ライブイベントも頻繁に行われている。

――そうやって都合つけて録っていたんですね。ハイハワの怒涛のリリースは、今年のトピックのひとつだったので聞いてみました。
では、オルグの良くなかった点みたいなものってありましたか?

馬場:機材面で言ったら、しょぼいからいくらでも言えるけど…爆音出せないとか。でも逆に、機材がちゃんとしていないからバンド力が問われるところが良かった。例えば、「楽器の音量をコントロールしないとボーカルが全く聞こえない。」とかバンドで自覚するようになるから、音をちゃんと考えるようになる。これが普通のライブハウスだと、そのハコのPAさんに「どんどん音量上げて、もっとモニター返しください」みたいなやりとりになるけど、オルグだと自分たちで調整しないとどうにもならないから。あと、私も生音がたくさん聞けて、バンドが出したい音について凄く考えることが出来たのが良かった。

――最後に、オルグで思い出に残っているベストアクトとかありますか?

馬場:ベストアクト…なんだろうな。アクトではないけど印象が強いのは、わたしの誕生日を記念したイベント(馬場聖誕祭)を一番最初にやったとき。その時はシャムキャッツが出てくれて、シャムキャッツをバックバンドに私が一緒に歌ったりして…。

――馬場ちゃん、めちゃくちゃ歌声かわいいよね。あれは、惚れちゃいます(笑)

馬場:そのとき夏目君がMCで、イベントに来てくれてたうちの母親に向かって「なんで友美って名前つけたんですかー? 」って聞いたら、うちの母親が「友達がいっぱいできるように!」って答えた。わたしの誕生日のイベントだからわたしの友達がいっぱい来てて、めちゃくちゃ会場が盛り上がった(笑)


今回、リストに名前があるなし問わず、本当にたくさんのバンド・ミュージシャンの名前や、それぞれのミュージシャンとのオルグでのエピソードを教えていただいたが、編集の都合上泣く泣く割愛させていただいた。ただし今回紹介したような馬場ちゃんのバンド・アーティストとの関係と、現在盛り上がっている日本のインディーズ・シーンを見れば、馬場ちゃんがどれだけこのインディーズ・シーンに貢献しているかわかるだろう。最後に、12月30日にオルグで行われたイベント『オルグスター感謝祭』直後に馬場ちゃんがTwitterで呟いた一言を紹介したい。

オルグスター、昔住んでた東高円寺の自分家にいるみたいだった。
きっとまたそうやって、そんな場所出来るんだな。と気付いてしまった。
−@banbanbaba

ライブハウスという敷居の高さを感じさせないアットホームなイベントの数々、オルグで録られたたくさんの音源を振り返れば、オルグが閉店してしまったのは本当に残念でならない。ただ、ここにいたバンド・ミュージシャンたちは少しずつ繋がりを増やしながら、コミュニティを少しずつ大きくしながら成長している。今もこれからも、”場所”を必要とするミュージシャンはたくさんいるだろう。そんな彼らと馬場ちゃんがこれから作る”場所”や、そこで生まれる音楽にこれからも注目していきたい。

おまけ:馬場ちゃんの作品リストはこちら